根管治療の成功率向上のために

投稿日:2017年7月21日

カテゴリ:未分類

根の治療(根管治療)には、大きく分けて二つあります。

ひとつは、むし歯が進行してしまいやむを得ず神経を取る治療をしたときであり、「抜髄」と言われています。歯の根の中の大分部の神経はまだ生きており、まだ全体は細菌感染してない場合に行います。神経を取った後は、根の先までしっかり薬を入れることが必要です。

もうひとつが、神経をとった後の根の中(根管)がすでに細菌により汚染されているときの治療であり、「感染根管治療」です。その細菌を、なるべく除去し、根の先にある病巣を改善したり、病巣を作らないようにすることが必要です。

いずれの治療においても、新たな細菌感染を避けることが必要であり、そのためにホームページに書いてあるように「ラバーダム」が有効な場合も少なくはありません。しかし、実際の臨床においては、なかなか使用が困難な場合もあります。そのような場合の次善策として写真に示すように「ズー(ZOO)」という器具があります。これは、使い方によってはラバーダムと同等の効果を示すことがあるとされており、当院でもしばしば使用しております。