小児歯科

たけいし歯科の小児歯科に対する取り組み・姿勢

小児歯科に対する取り組み方

歯科医院の診療科目には、大人の歯の治療を行う一般歯科以外に、小児歯科と呼ばれるものがあります。小児歯科はその言葉の通り、お子様の治療を専門に行う治療のことをさしますが、大人の歯科治療と子供の歯科治療は大きく違うことがあるため、診療科が分かれています。

お子様に歯科医院を好きになってもらうことが大切

歯医者を好きになってもらうために

大人と子どもとでは歯の治療法が異なる前述しましたが、虫歯を削って詰め物を被せるなどの基礎的部分には大きく差はありません。ただし、小児歯科には「歯医者さんを好きになってもらう」という歯科医院側の工夫が求められます。以下に、歯医者さん嫌いにさせないための当院の工夫についてご説明します。

①すぐに治療はいたしません。まずは歯医者さんに慣れてもらってから

歯医者に慣れてもらう治療当院では、診療台に座ってすぐにお子さんのお口の中を診ることはありません。いきなり歯を診ることで、子どもたちが歯医者さんに怖いイメージを持つことがあるからです。

そのため最初は、歯医者に慣れてもらうように努めます。具体的には治療器具を見せたり、会話をしたりして、緊張感をほぐした後、診療室の雰囲気や先生に慣れてもらったあとに治療を行うようにしています。

②保護者だけでなく、お子様にも治療内容理解してもらう

お子さまにも理解してもらう当院では、虫歯をそのままにしておくとどうなるのか、なぜ歯磨きが大事なのかなどについて、保護者だけでなく、お子さんにも丁寧に説明して治療内容を理解してもらうようにしています。

子どもなので難しいことは理解できないと思われがちですが、できる限り分かりやすく説明することで、お子さんはちゃんと理解してくれます。

子供の理解があれば治療がスムーズに進むのはもちろん、ホームケアも率先して頑張ってもらうことができます。

③保護者同伴の治療を行います

保護者の方も治療に参加当院では、お子さんが治療する時は、保護者の方にも一緒に参加してもらいます。子供の治療をしているそばで見ていただくことにより、お子様も親御様も安心して治療に専念することができます。

また、保護者にはお子様のお口の現状について正確に理解してもらいたいからです。歯科医院以外の場所では、お子さんの歯をケアできるのは保護者の方だけです。

保護者の治療理解を深め、親子揃ってホームケアの質の向上に役立てます。

お子様の歯を強くするため、歯科医院が実施している3つの方法

歯を強いものにする

虫歯防止のために自宅でのケアは必須ですが、歯科医院で予防処置を受診することも忘れないでください。以下で小児歯科における大切な3つの処置法をご紹介します。

  • 歯質強化の為のフッ素塗布

    フッ素塗布毎日使用している歯磨粉にも含まれている成分であるフッ素は、歯質を強化し虫歯防止の作用があります。歯医者さんではフッ素を歯に直接塗り、歯の抵抗力を高める処置を受診できます。定期的にフッ素塗布を行うことで虫歯になりづらい歯質にしましょう。

  • シーラント法で虫歯予防

    シーラント法永久歯と比べ、乳歯の表面には多くの複雑な溝があります。この部分に食べカスが残り虫歯になるというケースが多数あります。その溝に歯科プラスチック製の素材を入れて、あらかじめ溝を塞いでしまい、虫歯予防を行う処置をシーラント法といいます。

  • 正しい歯磨きの指導(TBI)

    歯磨きの指導子どもの歯は適切な歯磨きがしにくいものです。そのため、TBIと呼ばれる歯科衛生士さんによる正しい歯磨き指導によって、上手に磨けるように指導いたします。毎日楽しく歯磨きができるようになることは、虫歯予防にとって大切なことです。

お子様の歯を虫歯から守るために自宅で心がけたい2つのこと

歯を虫歯から守る

お子様の健康な口腔状態を維持するためには、歯科医院に通うだけでなくホームケアをしっかりするという意識も忘れないでください。以下にご自宅で親御様に取り組んでいただきたい予防法を2つご紹介します。

  • 親からの虫歯菌感染を防止する

    感染源の除去実は生まれたばかりの人間のお口の中には、もともと虫歯菌は存在しません。虫歯菌を持つ親が食べ物を口移ししたり、虫歯菌の付着した親のスプーンを使うことで子供が虫歯菌が感染します。そのため感染源である親の口腔状態を清潔に保つことが、子供のお口の健康に繋がります。

  • 身体の抵抗力の向上に努める

    抵抗力の向上身体の抵抗力が弱くなると風邪ウィルスに感染しやすくなります。虫歯もウィルス感染症の1つですので、日頃から栄養分の多い食事を心がけ、適切な運動を行うことで抵抗力が高まれば、虫歯になりにくいという報告もありますので、お口だけでなく全身の健康も意識すると良いでしょう。

札幌市東区で小児歯科をお探しの親御様へ

虫歯から守る治療

たけいし歯科クリニックは現在多くのお子様、親御様に通院いただいております。当院の小児歯科では、子供の虫歯の処置を行うのはもちろんですが、メインは虫歯などの口腔トラブルにかからないよう、親子二人三脚で予防意識をもっていただくということを重点において診療しております。札幌市東区で小児歯科をお探しの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。