痛くない親知らず抜歯

「親知らずは早めに抜いたほうが良い、抜歯は痛い」はウソ!?

親知らず

親知らずが原因で歯並びに悪影響があったり、歯が磨きにくくなることによって、親知らず周辺の歯や歯ぐきが虫歯や歯周病にかかりやすくなる場合があります。しかし、だからと言って、一概にすべての親知らずを抜くべきだという考えは間違いです。親知らずは必ずしも抜く必要はなく、特に悪い影響を与えていなければそのままにしておいた方が良いこともあります。

そして、「抜歯の時は痛みが強い、親知らずの抜歯はとても大変だ」これらもすべて誤解です。このページではそんな親知らずの誤解について当院の親知らずに対する考えを交えながら解説致します。

親知らずは歯の移植に使えるので、むしろ大事にするべき!

親知らずを残す理由

周辺の歯に悪い影響を与えていない親知らずは、むしろそのまま残しておいた方が良いと当院では考えております。それは、将来、奥歯が抜歯になってしまった場合に、親知らずを抜歯して欠損部分に移植する自家歯牙移植という処置ができるからです。

当院では奥歯が抜歯になってしまったケースでもインプラントやブリッジなどの人工物を入れるのではなく、できるだけ自分の歯で咬み合せを修復するということを考えのもと、親知らずを残すことを提案しています。親知らずの移植を、インプラント治療、ブリッジに次ぐ第3の選択肢として考えると将来の治療の選択肢を広げることができます。

親知らずを抜歯した方がいいケースはこんな時

親知らずの抜歯

①親知らずが虫歯や歯周病の原因になっている時

奥歯のさらに奥にある親知らずは磨きにくいので、虫歯になったり周辺の歯ぐきが歯周病になることがあります。そのため、そういった症状が出ている場合はムリして残すことは考えず、抜歯をすることをオススメしています。

②親知らずの生え方が正常ではない時

親知らずが歯ぐきから少しだけ顔を出していてケアしづらい状態であったり、斜めに生えており、隣の歯を傷つける原因と鳴っている場合も抜歯をしたほうが良いでしょう。

③噛み合わせ不整の原因となっている時

噛み合わせの悪い親知らずをそのまま放置すると、顎関節症を引き起こす原因となることもありますので、このような場合にも親知らずの抜歯をおすすめしています。

④親知らずが手前の歯を押し、歯並びに悪い影響を与えている時

横向きに生えている親知らずを放置しておくと、隣の歯の生え方に悪い影響を与える場合がありますので、この場合も親知らずを抜歯した方が良いでしょう。

親知らずの抜歯は痛みと抜歯にかかる時間

親知らずを抜く時の痛み

親知らずを抜く時はとても痛いというイメページをお持ちの方が多いですが、実際に抜く時は麻酔をかけますので特に痛みを感じることありません。また当院では、麻酔注射自体の痛みを軽減できる無痛治療を行っていますのでどうぞご安心ください。親知らずの抜歯において痛みが発生するのは、麻酔が切れた後であり、抜歯する時には痛みを感じることはほぼありません。

抜歯後の痛みは、抜歯の侵襲度合いに比例する

抜歯後の痛み親知らずを抜く時に要する時間は約15分程度で、抜歯後の痛みは抜歯時の侵襲度合いに比例します。

複雑な生え方をした親知らずは抜歯の時間を要し侵襲も大きくなりますので、治療後の痛みも強くなる場合がありますが、簡単なケースでは、麻酔が切れたあとも痛みや腫れが出ないことも多々あります。

当院では親知らずを抜く前に、レントゲンの画像でシミュレーションを行い、できるだけ、侵襲の少ない抜歯を目指しています。

親知らずの抜歯後は、ドライソケットに注意

ドライソケット親知らずを抜くと骨に穴が空きますが、そこに血が溜まりカサブタ状になることで蓋の役割を果たしてくれます。

この血でできた蓋が剥がれて骨が露出してしまうと強い痛みが出ることがあります。これがドライソケットと呼ばれる症状です。

ドライソケットは強い痛みを伴います。抜歯後にうがいをしない、食事に注意するなど、ドライソケットの防止法については抜歯時にご説明いたします。

親知らずと小顔の関係はあるのか?

親知らずを抜くと小顔になれる

「親知らずを抜くと小顔になれますか?」と質問を受けることがあります。実際はほとんど目に見えて小さくなることはありませんが、極稀にエラ周辺の骨が歯を抜くことで吸収されたり、咬み合せが正常に整ってアゴの筋肉が薄くなったりして少し細く見える場合もあるようです。ですから小顔目的で親知らずの抜歯をお考えの方はご希望どおりにはならないと捉えておいて頂くのが良いと思います。

札幌市東区で親知らずの抜歯をお考えの方はご相談ください

親知らずの診療、抜歯をご希望の方

札幌市東区の歯医者さんで親知らずの抜歯、診察をご検討中の方は、ぜひ、できる限り痛みの出ない親知らずの抜歯を実施しております、たけいし歯科クリニックまでご相談ください。また、前述のとおり親知らずは必ずしも抜歯する必要はなく、残した方が良い場合もあります。当院では将来の移植など、患者様に最適な選択肢をご提示いたしますので、まず一度診察にいらしてください。