抜かない・削らない治療

可能な限り抜かない、削らない「低侵襲治療」

低侵襲治療

たけいし歯科クリニックは、天然歯を可能な限り維持する「保存治療」にこだわっており、できるだけ天然歯に手をかけない方法、低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を実施しています。歯は一度削ってしまうと、元の状態に再生することはありませんし、削った歯を被せ物や詰め物で補修することはできますが、適合性の面で天然歯に大きく劣ってしますからです。以下で保存治療における当院が重視している点をご紹介します。

【たけいし歯科式】削るのを最小限にする4つの方法

歯を削らない

どんな虫歯でも歯を削ることなく治療できれば理想的ですが、現在の医学ではすべての虫歯において全く削らずに除去することはまだできません。しかし、可能な限り削る面積を最小限に留めるための努力はできます。そのために当院が現在行っている「歯を残すための4ポイント」をご紹介します。

  • ①3Mix-MP法®

    虫歯菌の無力化虫歯を削らずに、虫歯部分に、3種類の抗生物質や抗菌剤が混ざった薬剤を詰め、フタをすることで、薬剤の力によって虫歯菌を不活性化させるのがこの方法です。虫歯の進行度合いによってできない場合もありますが、初期症状では治療可能なケースが多いです。

  • ②虫歯検知液の使用

    虫歯検知液ウ蝕検知液(虫歯検知液)は、虫歯組織部分だけを赤く染めてくれる特殊な液体です。このウ蝕検知液を虫歯に塗ることで、虫歯部分とそれ以外の健康な部分の境目を正確に把握できますので、健康な歯の削り過ぎを回避できます。

  • ③拡大鏡・歯科顕微鏡による精密治療

    拡大鏡精密治療マイクロスコープや拡大鏡を用いた治療によって、肉眼では見えづらいところの精密治療が可能になります。拡大された視野の中で治療を行えることで、削り過ぎを回避でき、さらに良く見えますので早期発見、早期治療が行えます。

  • ④エキスカでの虫歯除去

    エキスカでの虫歯除去タービン(歯を削る器械)のみで虫歯を削ろうとすると、健康な歯質まで削り過ぎることがあります。そこで、途中までタービンで虫歯除去を行い、最後はエキスカと呼ばれる耳かきに似た器具を使って天然歯を傷つけないよう虫歯組織だけを丁寧に落とします。

【たけいし歯科式】歯を抜かず残すための4つの方法

歯を抜かない治療

たけいし歯科クリニックでは、可能な限り歯を抜かない治療を実施しています。虫歯の進行が進み、健康な歯質がほとんど残っていないケースにおいて抜歯の回避は困難ですが、他院で抜歯を宣告された場合でも、抜歯を回避できるケースもあります。ここでは、可能な限り歯を抜かない方法として現在当院が取り組んでいる4つの方法をご紹介します。

  • ①最新の歯周病治療「歯周内科」

    歯周内科抜歯の1番の原因は虫歯と思われがちですが、実際は歯周病(歯槽膿漏)がダントツの原因です。そのため歯周病の防止や完治ができれば、その分、抜歯の確率を下げることができます。当院では、まだ導入している歯科医院が少ない、抗生剤や抗菌歯磨き粉を使用した最新の歯周病治療である歯周内科治療を行ない、歯周病症状改善に積極的に取り組んでいます。

  • ②精密・根管治療(歯の神経治療)

    精密・根管治療歯の神経がある根っこ部分を治療するのが根管治療です。根管治療は、虫歯や歯の根っこが折れたりして歯根部分が細菌感染した時に行います。歯を支える根っこ部分の治療であるため、根管治療の精度がその歯を残せるか、残せないかということに大きく影響しています。当院では、歯科顕微鏡を用いた精密マイクロスコープ根管治療を実施しています。

  • ③歯の移植・再植

    歯の移植・再植抜歯の確率が高くなる症状として、重度の虫歯や歯周病の他に、歯の根の先に膿が溜まる歯根嚢胞や、歯の根が折れる歯根破折が挙げられますが、このような場合においては、対象の歯を一度抜歯し、その歯に適切な処置を施して再び戻す再植という処置を行います。

    また、欠損部分に親知らずなど不要な歯を抜歯して移植する、自家歯牙移植にも対応し、できるだけ歯を残し、インプラント入れ歯が第一選択にならないようにしています

  • ④接着再植法による歯牙再生

    予防歯科当院では、接着再植法という新しい治療法を実践しております。従来は歯根破折、特に垂直破折歯においてはほとんど抜歯するしか対応法がなかったのですが、この新しい接着再植法により、その歯牙を再生することができる場合があります。

    この方法は、最近北大の保存学教室の菅谷先生がその手法等を確立し、今後次第に一般に知られるようになるかと思いますが、当院では10年ほど前から本法を実践し、良好な結果をあげております(保険外診療)。

予防が最高の治療!予防歯科に優る低侵襲治療はありません

予防歯科そもそも虫歯や歯周病にかからなければ、歯を削るか、抜歯するかどうかという問題は出てきません。

お口の健康に対する意識の高いヨーロッパでは、80歳の方でも自分の歯が20本程残っていて、一切入れ歯やインプラントに頼らない生活をされている方も大変多くいらっしゃいます。

当院では、いつまでも自分の歯を維持できるよう、定期健診や歯のクリーニングなどの予防歯科に力を入れ、皆様の歯を残す最善の方法をオススメしています。

札幌で歯を「抜かない・削らない」歯医者をお探しの方へ

歯を「抜かない、削らない」歯医者をお探しの方へ

このように、たけいし歯科クリニックでは可能な限り歯を抜かない、削らない治療(低侵襲治療)を実践しています。できるだけ歯を抜きたくない、削りたくない方で、札幌市東区で歯科医院をお探しの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。すべてのケースにおいて全く削らない、抜かない治療はできませんが、可能な限りのご提案を致します。