痛くない虫歯治療

【たけいし歯科式】5つの痛くない無痛虫歯治療

歯を虫歯から守る

「虫歯治療は痛いからイヤだ!」そうお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、「無痛虫歯治療」です。ほぼ痛みを感じずに虫歯を処理できる無痛虫歯治療は多くの患者様に人気で、歯科恐怖症の方でも問題なく処置を終えることができるでしょう。なぜ痛みを抑えることができるのか、その理由を5つご紹介します。

  • ①塗るタイプの麻酔の使用

    表面麻酔麻酔注射はやっぱり怖いものです。痛みを抑えるはずの注射で、痛みを感じるのは本末転倒。当院では、歯茎の表面に麻酔を塗り、その後に麻酔注射をすることで注射時の痛みを抑えることを実現しました。

  • ②極小の注射針(33G)

    極小の注射針表面麻酔を行なって歯ぐきが麻痺状態であっても、太い針を刺せば当然痛みが出ます。当院では歯科麻酔針の中でも、最も細い針を使用しています。鍼灸と同じで、細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。

  • ③電動麻酔器

    電動麻酔器手動で麻酔注射を行うと、麻酔液注入時の圧が変化しますが、電動麻酔器を使用すると浸透圧を一定に保つことができます。よって、余分な圧がかからず、麻酔液注入時の痛みを感じることはありません。

  • ④注射の打ち方

    注射の打ち方麻酔注射の打ち方でも大きく痛みが変わります。粘膜にハリを刺しに行くのではなく、粘膜をつまんでハリに圧をかけないように刺す方法を用いると痛みを感じにくくなるなど、様々な手技を併用し麻酔します。

⑤マイクロスコープor拡大鏡での低侵襲治療

注射の打ち方当院では治療を行う際に、肉眼の5~20倍程度に拡大できる拡大鏡またはマイクロスコープを使用して、侵襲を極力抑えた処置を行ない、痛みを最小限に抑えています。

また、これらの使用により、早期発見・早期治療が可能になります。病状が悪化すると痛みを避けられない場合が多い中、病状悪化の前に手をうつことができるということは、痛みを最小限に抑えることに繋がります。

【たけいし歯科式】削るのを最小限にする4つの虫歯治療法

歯を削らない

どんな虫歯でも歯を削ることなく治療できれば理想的ですが、現在の医学ではすべての虫歯において全く削らずに除去することはまだできません。しかし、可能な限り削る面積を最小限に留めるための努力はできます。そのために当院が現在行っている「歯を残すための4ポイント」をご紹介します。

  • ①3Mix-MP法®

    虫歯菌の無力化虫歯を削らずに、虫歯部分に、3種類の抗生物質や抗菌剤が混ざった薬剤を詰め、フタをすることで、薬剤の力によって虫歯菌を不活性化させるのがこの方法です。虫歯の進行度合いによってできない場合もありますが、初期症状では治療可能なケースが多いです。

  • ②虫歯検知液の使用

    虫歯検知液ウ蝕検知液(虫歯検知液)は、虫歯組織部分だけを赤く染めてくれる特殊な液体です。このウ蝕検知液を虫歯に塗ることで、虫歯部分とそれ以外の健康な部分の境目を正確に把握できますので、健康な歯の削り過ぎを回避できます。

  • ③拡大鏡・歯科顕微鏡による精密治療

    拡大鏡精密治療マイクロスコープや拡大鏡を用いた治療によって、肉眼では見えづらいところの精密治療が可能になります。拡大された視野の中で治療を行えることで、削り過ぎを回避でき、さらに良く見えますので早期発見、早期治療が行えます。

  • ④エキスカでの虫歯除去

    エキスカでの虫歯除去タービン(歯を削る器械)のみで虫歯を削ろうとすると、健康な歯質まで削り過ぎることがあります。そこで、途中までタービンで虫歯除去を行い、最後はエキスカと呼ばれる耳かきに似た器具を使って天然歯を傷つけないよう虫歯組織だけを丁寧に落とします。

【たけいし歯科式】抜歯を極力回避するための2つの虫歯治療法

歯を抜かない治療

たけいし歯科クリニックでは、可能な限り歯を抜かない治療を実施しています。虫歯の進行が進み、健康な歯質がほとんど残っていないケースにおいて抜歯の回避は困難ですが、他院で虫歯が原因で抜歯を宣告された場合でも、抜歯を回避できるケースもあります。ここでは、重度の虫歯でも抜歯をできるだけ避けるために当院が取り組んでいる2つの取り組みをご紹介します。

  • ①歯の移植・再植

    予防歯科抜歯の確率が高くなる症状として、歯の根の先に膿が溜まる歯根嚢胞や、歯の根が折れる歯根破折が挙げられますが、このようなケースにおいて当院では、対象の歯を一度抜歯し、その歯に適切な処置を施して再び戻す、再植という処置を行なっています。また、欠損部分に親知らずなど不要な歯を抜歯して移植する自家歯牙移植にも対応し、できるだけ歯を残します。

  • ②精密・根管治療(歯の神経治療)

    精密・根管治療歯の神経がある根っこ部分を治療するのが根管治療です。根管治療は、虫歯や歯の根っこが折れたりして歯根部分が細菌感染した時に行います。歯を支える根っこ部分の治療であるため、根管治療の精度がその歯を残せるか、残せないかということに大きく影響しています。当院では、歯科顕微鏡を用いた精密マイクロスコープ根管治療を実施しています。

 

札幌で「痛くない・抜かない・削らない」虫歯治療を希望の方へ

歯を「抜かない、削らない」歯医者をお探しの方へ

虫歯の治療は早期発見・早期治療がポイントですので、できるだけ早く歯科医院を受診なさってください。当院では上記の通り、できるかぎり歯を抜かない・削らない低侵襲治療に加え、痛みを極力抑えた無痛虫歯治療に対応しておりますので、患者様にも安心して通院いただけると思います。札幌市東区の歯医者で虫歯治療をお考えの方は、ぜひたけいし歯科クリニックへご相談ください。