歯の移植・再植について(3)ー移植の手順ー

投稿日:2017年12月8日

カテゴリ:接着再植

① 移植歯の抜歯を行います。歯根膜を可能な限り傷つけることなく抜歯して、歯根の形態や 

  サイズを計測し、生理的食塩水中に浸漬保存します。 

② 移植部位に歯がある場合(保険適応例)は抜歯し、根尖病巣を完全に除去した後、移植歯の 

 根の形態やサイズに合わせて移植窩(移植床)の大きさを調整します。 

③ 移植部位に歯がない場合場合(私費例)では、移植部位の歯肉を切開剥離後、骨に孔を開け 

 て拡大し、移植歯の歯根の形態やサイズに合わせて移植床を形成します。 

④ 形成した移植床に移植歯を植立し、歯肉を緊密に縫合します。移植した歯を隣在歯に針金と 

  接着剤で一次的に固定します。 

⑤ 移植歯がかみ合わない様に、咬合面を削合します。 

⑥ 約2週間で抜糸を行い、約3週間で移植歯の根の治療(根管治療)を開始します。 

⑦  固定は、通常1〜2ヵ月間行います。 

⑧ 充填および補綴処置:移植歯に病的動揺がなければ、土台を装着した後、レジン暫間被覆 

  冠を装着して2-6ヵ月通常に使って貰います。以上で問題がなければ、金属冠やセラミック歯なの最終補綴を行い、経過観察に入ります。