破折歯治療と再根管治療の講習会

投稿日:2017年12月12日

カテゴリ:接着再植 未分類

昨日(12月10日)、東京目黒区自由が丘で開業されている、眞坂信夫先生の講習会がありました。眞坂先生は、「接着歯学」において日本を代表する先生のひとりです。「接着歯学」とは、歯と歯、あるいは歯と詰め物や被せ物を接着することに関する分野です。

当院で行っている破折した歯牙を接着するという治療法は、この眞坂先生らがその基本を築き上げたと言ってもいいかと思います。数年前も眞坂先生の講習会を受講したことがあるのですが、前回以降もこの接着による技法が発展・進歩していました。それによりいろいろな状態の歯を残すことができる手法を教わることができました。

今日本人が歯を失う原因としては、むし歯・歯周病が主と言われていますが、みんなの口腔衛生への意識の高まりとともに、次第に減ってきていると言われています。しかし、神経をとった後にクラウンを被せている歯の歯根が破折してしまうことは、普段の手入れでどうすることもできず、今後次第に増えていくと考えられています。

歯を失ったとき、インプラントも一つの選択肢かと思いますが、接着再植で保存することができるのであれば、今後も有効な治療法となっていくと考えられます。