NOS(4)

投稿日:2017年11月12日

カテゴリ:勉強会報告

11月11日、2ヶ月に一度開催される勉強会(略称NOS)に参加してきました。

北大歯学部附属病院口腔外科の元教授の野谷健一先生を講師として招き、口腔外科に関する専門的な知識や最新の情報について教えていただく大変勉強になる集まりです。

今回の一つ目のテーマは、「インプラントと天然歯の混合歯列 -インプラントは天然歯を守ることができるかー」でした。インプラントが普及し、その長期経過症例も多くなってきていると思います。自分の歯が多数残存し、インプラントが少数のときはそうでもないようですが、自分の歯を次第に失い、そのつどインプラントが増えていく症例の中には、残っている歯だけでなく本来自分の歯を守るべきインプラントも加速度的に失っていく症例が目立つようになってきているという内容でした。そのような変化が始まるとそれを止めることが難しくて、その後の、歯もインプラントも失ってしまったとき、口腔の機能を回復することが困難なことが予想されそうです。そのような状態とならないよう、インプラントを適応する場合には慎重な診断が必要となりそうです。

もう一つは前回に続き、上顎洞炎についての発症原因・病態・臨床症状についての内容でした。今後また次回以降に続きます。